• HOME
  • CSR(社会的責任)

土田建材グループの          CSR(社会的責任)

建物の解体工事を行なうと、大量の建材が廃棄物となります。 私達はその廃棄物からガラスや木材など資源となる材料を丁寧に選別しリサイクル。また廃棄物管理や土壌浄化を中心とする環境リスクの低減を進めるなど、事業を通じて環境・エネルギー問題に真剣に取り組んでいます。

廃ガラス(解体現場の板ガラス、家庭の空ビン等)を利用して子供から大人までが気軽に楽しみながら“捨てればゴミ”が素敵なガラスアートに生まれ変わります。 子ども会や婦人会また、個人の余暇活動に好評を頂き、リサイクルの体験学習の場として活用して頂いております。

ツチダチャコール工房

限りある資源を生かすべく、廃材を使用したモノづくりに取り組んでいます。


環境方針

環境保全と産業が両立する持続可能な循環型社会の構築を目指します。


ISO-14001 認証取得( 2001年6月22日)

ISO-14001の認証をグループ全体で取り組み、グループ事業の主となる「土木事業」、「解体工事」、「廃棄物処理(収集運搬、中間処理、最終処分)」、「重機輸送及びリース」について取得し、環境に配慮した事業活動を展開しています。

2016年6月21日 最新更新日



ページの先頭へ